◇ロッテ7-6日本ハム ロッテが開幕からの連敗を4で止めた。2-6の六回に清田の二塁打などで3点を返し、七回に鈴木の2ランで逆転した。3番手の大嶺祐が3回1失点で白星を挙げ、益田がセーブをマーク。

      ◇ 主将の一振りがロッテに今季初勝利をもたらした。七回に逆転の決勝2ランを放った鈴木は「(開幕4連敗で)ファンに申し訳ない気持ちでいっぱいだった。一つ勝ったので明日から良い流れが来ると思う」と力を込めた。

 守備のほころびにつけ込んで六回に1点差に詰め寄ると、日本ハムは七回に宮西を投入。簡単に2死を取られたが、パラデスが四球を選び、4度目の打席が巡ってきた。

 WBC日本代表で活躍した中...    
<記事全文を読む>