「ソフトバンクとは同じ開幕3連勝。だが、うちは昨季の6位(オリックス)が相手。向こうは3位(ロッテ)。内容が違う」。東北楽天の梨田監督は試合前、気を引き締めるように話した。その強敵を投打で圧倒し、昨季は一度もできなかった4連勝をいきなり成し遂げた。

 開幕カードは外国人の活躍が目立ったが、この日は日本人選手が畳み掛けた。1-0の四回、2死一塁から聖沢がフェンス直撃の右越え適時三塁打を放ち、四球を挟んで嶋も右前打で追加点。とどめは茂木。右翼席中段に飛び込む3ランを放ち7-0と前半で試合を決定付けた。

 聖沢、茂木は初球、嶋は3球目と早いカウントから積極的に振った。「真っすぐを狙っていた。一発...    
<記事全文を読む>