新加入のベテラン細川が、嶋の負傷退場を受け、六回1死一、二塁の場面から急きょ出場した。「久々に緊張したが、則本がリードしてくれた」と、犠飛による1失点に食い止め、流れを渡さなかった。

 青森県平内町出身。昨季までソフトバンクに在籍していたため、初めてコボパ宮城の声援を味方に付けてプレーした。「『ちゃんと守れ』とやじしか聞こえなかったよ」と冗談めかしながら、充実した表情を見せた。

 「選手はみんな『10連勝いける』と言っている。明日もこの勢いでできればいい」。西武、ソフトバンクで5度の日本一を知る男がうなずいた。

...    
<記事全文を読む>