東北楽天の嶋基宏捕手(32)は4日のソフトバンク戦(コボパ宮城)の六回の守備で、デスパイネが空振りした後のバットが頭部左側付近に当たり、負傷退場した。球団によると、仙台市内の病院にタクシーで向かって診察を受け、左頸部(けいぶ)打撲と診断された。5日のソフトバンク戦は同日朝の状態を見て出場できるか判断する。

...    
<記事全文を読む>