東北楽天は三回、今季初先発の藤田の好走塁で先取点をもぎ取った。力投する先発則本を序盤で援護し、「いい形で点が取れて良かった」と汗をぬぐった。

 三回1死で茂木の右中間への飛球を中堅手が捕ると、「打球の深さでいけると思った」と二塁からすかさず三塁へ。続くペゲーロの打席で、ワンバウンドの投球を捕手が一塁方向にはじく間にヘッドスライディングで本塁を突いた。「(三塁の)真喜志コーチから思い切っていけと言われていた。いいスタートが切れた」と納得の走塁だった。

 チームが昨秋のキャンプから徹底する次の塁を積極的に狙う姿勢が実を結んだ。「これからも思い切った走塁をしたい」と藤田。梨田監督は「藤田のヘッド...    
<記事全文を読む>