東北楽天のホーム開幕戦には大勢のファンが応援に駆け付けた。試合は強敵ソフトバンクを破り、8年ぶりの開幕4連勝。最高のスタートを切り、スタンドは「今年こそ優勝だ」と盛り上がった。

 チケットは完売し、観客は2万6162人を記録した。外野席裏の入場口には試合開始前から長蛇の列ができた。観覧車下の広場で立ち見するファンもいた。

 この日の先発はエース則本昂大投手。3日夕に並んで場所取りをした仙台市太白区の契約社員鈴木久美さん(47)は「則本投手には(準決勝で敗退した)ワールド・ベースボール・クラシックの悔しさをぶつけてほしい」と期待を寄せた。

 試合は三回に東北楽天が先制し、四回に6点を追加してリ...    
<記事全文を読む>