プロ野球は4日、セ・パ両リーグの計6試合を行い、開幕3連戦を2勝1敗と勝ち越した埼玉西武はホーム開幕戦でオリックスと対戦し、3―7で逆転負けを喫した。今季から球場名称がメットライフドームに変更され、初の本拠地開幕戦は黒星となった。

 埼玉西武・多和田とオリックス・ディクソンの投げ合いで始まった一戦。多和田は2―0の三回に同点とされると、五回に小谷野の適時打、ロメロに3ランを浴びて6失点で降板した。打線は五回に浅村が2号ソロを放ったが後が続かなかった。5日もオリックスと顔を合わせる(14時・メットライフドーム)。

...    
<記事全文を読む>