プロ野球の横浜DeNAベイスターズは4日、横浜スタジアム(横浜市中区)で今季のホーム開幕戦を迎えた。試合は巨人に2-5で敗れたが、選手は投打に最後まで奮闘。満員のスタンドを沸かせた。1978年3月に球場が完成してから40年目、今年も横浜に球春がやってきた。

 平日のナイターにもかかわらず、駆け付けたファンは2万8966人。昨季、年間の観客動員数が194万人と球団史上最多を記録した人気ぶりは健在だった。

 横浜スタジアムは老朽化した横浜公園平和野球場を改修して誕生。川崎球場(川崎市川崎区=現富士通スタジアム)を本拠地としていた、前身の大洋ホエールズが球場完成に合わせてフランチャイズ化した。

 ...    
<記事全文を読む>