日本ハムが終盤の集中打で逃げ切った。1点リードの七回に近藤が2点タイムリーを放ち、さらに大野の適時打で2点を加えて突き放した。先発高梨は六回途中、1失点で今季初勝利。ロッテは石川が5回2失点と粘ったが、打線が好機を生かせず、開幕4連敗。

...    
<記事全文を読む>