徳島インディゴソックスは3日、JAバンク徳島スタジアムで香川と戦い、10―2で勝って6年ぶりの開幕2連勝を飾った。4日は高知球場で高知と対戦し、球団初の開幕3連勝を狙う。

 プロ注目の新戦力が初登板で期待通りの働きをした。6回を1失点でまとめた高卒ルーキーの伊藤翔。お立ち台に上がり「緊張したが、先にたくさん点を取ってくれたので楽に投げられた」と初々しい笑顔を見せた。

 直球は最速147キロをマークしたが、変化球でストライクを取れず、球数は三回で60球に。そこで選んだのがツーシームだった。直球狙いの香川打線を翻弄(ほんろう)し、四~六回は39球で無安打と修正能力の高さをみせつけた。

 「後輩を...    
<記事全文を読む>