◎東北楽天・立花陽三社長 仙台を広島のように ファンの方々から、「観覧車は混んでいるから乗ったことがない」「外野の後ろまで行くのは遠いから試合が始まったら無理」という声をうかがう。野球に興味を持っていただくきっかけとして、野球以外の部分でも魅力を発信するという考え方で球場のボールパーク化を進めてきた。観覧車など遊具も含めたハードは整備が進んだ。これから球場の隅々まで足を運んでもらえる細やかなサービスが重要になる。

 例えば、ディズニーランドに初めて行った人はどこから回ったらいいか分からないと思う。球場では、相当なスピードでイベントや施設が次々と登場している。知り合いに詳しい案内役がいない方...    
<記事全文を読む>