東北楽天は3日、ソフトバンクとの本拠地開幕戦(4日16時)に向け、仙台市のコボパ宮城で午後5時から約1時間、全体練習を行った。

 先発予定の則本はブルペンで捕手を立たせて投げるなどして調整。グラウンドではノックや投手、内野手の連係プレーに取り組み、開幕戦の時間帯の冷え込みや薄暮時の球の見え方を入念に確認した。

 東北楽天と同じく開幕3連勝のソフトバンクは、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の千賀が先発予定。梨田監督は「千賀投手に全員でかかっていき、勝ちに結び付けたい」と意気込みを語った。

...    
<記事全文を読む>