昨季限りで広島東洋カープを引退した黒田博樹さん(42)が、マツダスタジアム(広島市南区)であった阪神との開幕3連戦を観戦した感想やチームヘの思いを中国新聞に寄せた。ユニホームを脱いで初めて見つめた開幕カード。「投手と野手の信頼関係がやはり大事だと感じた」と自身の野球観を交えて語った。(五反田康彦)

...    
<記事全文を読む>