プロ野球東北楽天は、仙台市宮城野区の本拠地Koboパーク宮城(コボパ宮城)で運営するコミュニティーFM局の放送をエフエム仙台(仙台市青葉区)との専用回線を通じて宮城県全域への発信を始める。1回目はソフトバンクとのホーム開幕戦(4日)前日の3日夕、梨田昌孝監督が出演する予定。

 東北楽天は2015年8月、コボパ宮城に「らくてんみやぎのエフエム」を開局し、半径約3キロのエリアで放送。今回はスタジオでの放送を随時、エフエム仙台の番組に割り込ませる仕組みをつくり、同球場で試合がある日などに選手やコーチが出演してファンの関心を高める。

 1回目は3日午後5時50分ごろから、梨田監督が球場FMの番組に...    
<記事全文を読む>