東北楽天が2本塁打などで4点差を逆転し、3年ぶりの開幕3連勝を飾った。「1番茂木は長打力があり、ペゲーロはとにかくいい打者に早く回したいので2番に置いた」。梨田監督は攻撃的打線の威力に納得顔だった。

 先発西の前に七回まで散発4安打無得点。重苦しいムードを茂木が振り払う。八回無死一塁から初球を捉え、低い弾道で左翼席に突き刺さる1号2ラン。「つなぐ意味でも逆方向を意識し、強く振ろうと打席に入った。反撃のきっかけがつくれて良かった」と茂木。2番手黒木から銀次が1点差に迫る適時打を放つと、流れは東北楽天に傾いた。

 クライマックスは九回に訪れた。2死二塁でペゲーロが守護神平野の甘いフォークボール...    
<記事全文を読む>