逆転勝利をお膳立てしたのは、五回以降得点を許さなかった救援陣。中でも梨田監督が評価したのが、プロ初登板でともに1回無失点と好投した左腕高梨と右腕菅原だった。「2人がよくゼロに抑えた。救援陣がしのぎ切って逆転勝ちとは、すごい試合になった」と絶賛した。

 六回から投げた高梨は「全く緊張しなかった」と度胸満点。2死から四球を出した以外はほぼ完璧だった。本領を発揮したのは1死から左打者の駿太を内角スライダーで見逃し三振に仕留めた場面だ。投球は死球になりそうな軌道。一塁方向へ身を引いた相手をあざ笑うように、球は急速に曲がり、膝元のストライクゾーンを突いた。高梨は「嶋さんの要求通りに投げられた」と手...    
<記事全文を読む>