開幕戦の2安打に続き、この日は3安打の猛打賞でチームの初勝利に貢献した大谷だが、走塁面で周囲が青ざめる場面があった。

 一回、大谷の中前に抜けそうなゴロを浅村が好捕して一塁へ。大谷は全力で走り、最後は痛めている右足を伸ばして一塁を駆け抜け、間一髪のタイミングで内野安打とした。

 首脳陣は開幕前、右足首痛を悪化させないよう、全力疾走を禁止。スピードを落としてアウトになってでも左足で踏むよう繰り返し説き、大谷も左足で踏む練習を繰り返してきた。

 それでも「とっさに出てしまった。(左足で踏む慣れないプレーは)公式戦では難しいが、やらなきゃいけない」と大谷。長年染み込んだ、右足で一塁を踏む癖は簡単に...    
<記事全文を読む>