インフルエンザB型に感染し、開幕戦先発を回避した東北楽天の岸孝之投手が31日、チームの練習に復帰した。早ければ4月8日のロッテ戦(ゾゾ)にも先発する見通し。

 岸は約2時間、投手陣の全体練習に参加。守備練習もこなして元気な姿を見せた。岸は「開幕直前に迷惑を掛けて申し訳なかったが、もう大丈夫」と語った。

 岸の先発について、与田投手コーチは「8日のロッテ戦以降になるだろうが、岸の意向も踏まえて起用を決めたい」と話した。

...    
<記事全文を読む>