地球環境高で2012年の選抜大会に出場。エースとしてマウンドに上がったが、履正社(大阪)相手に5失点を喫した。「打たれたことは事実だし、自分で防げる部分もあった」。進学した京都学園大では、甲子園の苦い思い出が重荷に感じることがあった。

 大学では苦しい4年間が待っていた。入学式後のリーグ戦で登板して、初勝利を挙げたものの、2年は右肘、3年は右足首と、立て続けにけがをした。「必死でリハビリをして、4年の春先は調子が良かった。それでも出番はなかった」 野球をやめることも考えたが、合同トライアウト(入団テスト)を受けて、地元に戻ることになった。「優勝して、長野県を盛り上げたい」。178センチ、...    
<記事全文を読む>