セ・リーグ連覇と33年ぶりの日本一へ―。広島東洋カープの今季の戦いが始まった31日、開幕戦の舞台となった本拠地マツダスタジアム(広島市南区)はファンの熱気で埋め尽くされた。25年ぶりのリーグ優勝を後押しした圧倒的な歓声は今季も健在。試合は敗れたが、球春の到来を待ちわびた3万1184人が声をからした。

...    
<記事全文を読む>