日本バレーボール協会は23日、今年の日本代表登録選手を発表し、女子は下北沢成徳(東京)の全日本高校選手権2連覇に貢献し、東レに加入する初選出の黒後愛(18)ら27人が名を連ねた。男子も18歳で初選出され東海大に進学する新井雄大(新潟・上越総合技術高)ら29人が入った。

 秋田県関係では、女子でセッター佐藤美弥(27)=日立リヴァーレ、聖霊高―嘉悦大出=と、男子でウイングスパイカー鈴木祐貴(19)=東海大1年、雄物川高出=の2人が選ばれた。

 女子はリオデジャネイロ五輪代表の長岡望悠、石井優希(ともに久光製薬)、プレミアリーグを制したNECの古賀紗理那もメンバー入り。

 中垣内祐一監督が新たに...    
<記事全文を読む>