バレーボールのプレミアリーグは12日、京都市の島津アリーナ京都でプレーオフの準決勝(2試合制)第2戦が行われ、男子は2連覇を狙う豊田合成が東レとの18、19日の決勝(東京体育館)に進出した。女子は昨季覇者の久光製薬が勝ち上がり、17、18日の決勝(同)でNECと対戦する。

 豊田合成はジェイテクトをストレートで下して1勝1敗で並び、25点の1セットマッチで勝敗を決める「ゴールデンセット」をイゴールの強打などで25-22で制した。久光製薬は野本らの活躍で日立を3-1で退け、2戦全勝で突破した。■代役エース野本大車輪 昨季の決勝と同じ顔合わせとなった女子の準決勝は、攻守がかみ合った久光製薬が...    
<記事全文を読む>