バレーボールのVチャレンジマッチ(入れ替え戦)は11日、神奈川県の大和スポーツセンターで男女の第1戦があった。チャレンジリーグ男子1部王者の大分三好ヴァイセアドラーはプレミアリーグ8位のFC東京と対戦し、0―3で敗れた。

 最終戦は12日、同会場である。大分三好がプレミアリーグに昇格するためには、FC東京にストレート勝ちし、さらに得点率でも相手を上回らなければならず、苦しい状況に追い込まれた。自慢の攻撃通じず 内容はまずまずだったが、結果は無念のストレート負け。1セットも奪えなかったという厳しい現実が後のない第2戦に重くのし掛かることになった。小川貴史監督は「勝つか負けるかの勝負に敗れた...    
<記事全文を読む>