福井県永平寺町出身の青木伶奈さん(27)がモンゴルのバレーボール界の盛り上げに一役買っている。今年1月までの2年間、海外青年協力隊員として小中高生や教員を指導。その傍ら、モンゴル代表男子のコーチ兼アナリストとして活躍。さらに現在、モンゴルトップリーグ所属の女子チーム選手兼コーチとしても活動している。

 小学6年からバレーボールを始め、永平寺中、高志高、筑波大でもプレー。専門の指導者がいなかった高校では練習メニュー、先発選手を決めるなどしてコーチングに興味を持ち、大学で選手兼アナリスト、大学院ではコーチ兼アナリストを務めた。アナリストとはチームや選手の得失点やスパイク決定率などのデータを収...    
<記事全文を読む>