18歳以下の女子バレーボール日本代表に、徳島市出身の西川有喜(16)=大阪・金蘭会高1年、富田中出=が選ばれた。5日に中国・重慶で開幕する第11回アジアユース選手権に出場する。

 西川は178センチのレフトアタッカー。長身を生かした力強いスパイクと、俊敏なレシーブに定評がある。1月に行われた全日本高校選手権(春高バレー)では1年生ながらレギュラーとしてほぼフル出場し、金蘭会高の3位入賞に貢献した。

 大会には中国、韓国、オーストラリアなど12カ国が参加。13日まで4組に分かれてリーグ戦を戦う。上位4チームに8月18日から27日までアルゼンチンで行われる第15回世界ユース女子選手権大会(U-...    
<記事全文を読む>