来年2月9日に韓国で開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪に向け、青森観光コンベンション協会の奈良秀則会長と県カーリング協会の佐藤健一会長が4月、カナダ・エドモントンで行われる世界男子カーリング選手権に出向き、青森市での五輪事前合宿招致に向け、PR活動を行う。両団体トップによる合同セールス活動は初めて。奈良、佐藤両会長は「ぜひ海外のチームに選ばれるよう青森市の良さ、優位性を訴えたい」と意気込んでいる。

 世界男子カーリング選手権は4月1日開幕。日本のSC軽井沢クラブを含め、12チームが平昌五輪出場を懸け、熱戦を繰り広げる。

...    
<記事全文を読む>