【ヘルシンキ=原田遼】世界選手権は29日、当地で開幕し、女子ショートプログラム(SP)で日本勢は初出場の16歳、樋口新葉(わかば=東京・日本橋女学館高)が65・87点で9位となったのが最高だった。

 けがで欠場した全日本選手権3連覇の宮原知子(関大)に代わって出場した本郷理華(邦和スポーツランド)は62・55点で12位。2月の四大陸選手権女王で初出場の17歳、三原舞依(神戸ポートアイランドク)は59・59点で15位と出遅れた。

 2連覇を狙うエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が79・01点で首位。フリーは31日(日本時間4月1日未明)に行われる。

 今大会は来年の平昌(ピョンチャン)五輪の...    
<記事全文を読む>