ソフトテニスの都道府県対抗全日本中学生大会は最終日の28日、三重県伊勢市営庭球場などで女子個人と男子団体を行い、県勢は女子個人シングルスで小林美郷(燕)が3位となって銅メダルを獲得した。

 小林は1回戦から4回戦までを危なげなく勝利。準々決勝では山形の選手に3-2で競り勝ったが、準決勝で広島の選手に1-4で敗れた。

 男子団体の本県は、1回戦で北海道を2-0、2回戦で沖縄を2-1で退けたが、3回戦で東京にストレート負けを喫し、8強入りはならなかった。

 女子個人ダブルスの本県3組はいずれも初戦で敗退した。

...    
<記事全文を読む>