【ヘルシンキ=原田遼】29日午前(日本時間同日午後)に当地で開幕する世界選手権で、日本男子の宇野昌磨(中京大)が雪辱を期する。初出場の昨年は7位。敗因となった精神面のもろさを克服し、30日のショートプログラム(SP)から始まる戦いでメダル獲得を見据える。

 28日の公式練習ではステップ中に足を滑らせ、あおむけに転倒。リンクサイドに陣取る報道陣を見て、恥ずかしそうに笑った。今季、グランプリ・ファイナルと四大陸選手権でともに3位に食い込み、優勝候補にも名を連ねるが、「楽しむくらいの気持ちの方がいい演技ができる」と気負いはない。

 昨年大会は現地入りから「意識的に気持ちを追い込んだ」と険しい表情...    
<記事全文を読む>