【大田原】県北の社会人ラグビークラブ「でんでん虫クラブ」の創立40周年記念試合が26日、市蛇尾川緑地公園で行われた。冷たい雨の中、同クラブ、OB、自治医大の3チームが交流試合に熱戦を繰り広げた。

 同クラブは1976年、ラグビー未経験の大田原高卒業生十数人が設立。3年連続東日本大会に出場するなど活躍してきた。40周年を迎えた昨年、同クラブを支援しようと、OBらが後援会を発足させた。

 並木邦憲(なみきくにのり)団長(66)が「ラグビー不毛の県北で40周年を迎えられたのはクラブメンバー、OBはもとより、多くの良きライバルのおかげ」とあいさつ。後援会から新ジャージー23枚がクラブに贈呈された。...    
<記事全文を読む>