アジアリーグアイスホッケーの東北フリーブレイズは28日、韓国・安養でハルラとのプレーオフ(PO)準決勝第3戦に臨み、1―4で敗れた。3連敗で敗退が決まった。

 第1ピリオド7分に先制を許すと、第2ピリオドにも3失点。反撃は第3ピリオド3分、数的有利のパワープレー機に田中豪のゴールで1点を返すにとどまった。

 若林クリス監督はチームを通じ「選手はいい精神状態で臨めていたが、ミスからの失点もあり、なかなか流れを引き込むことができなかった」と最終戦を総括。ファンに向け、「何とか1勝して八戸で試合をしたかったが、申し訳ない。シーズン中、たくさんの応援をいただきありがとうございました」とコメントし...    
<記事全文を読む>