【津】県内で平成三十三年度に開かれる三重とこわか国体に向け、改修工事をしていた津市柳山津興の伊勢湾海洋スポーツセンターの完成式が二十八日あり、市内のスポーツ関係者や地元議員ら約五十人が新しく生まれ変わった施設を見学した。

 伊勢湾海洋スポーツセンターは昭和五十年九月に三重国体のヨット競技会場となった施設。毎年夏には障害者と健常者が一緒にヨットレースを楽しむアクセスディンギーの全国大会が開かれているが、エレベーターがなく、多目的トイレが一階にしかなかった。

 三重とこわか国体でセーリング競技に使われることが決まり、障害者も利用しやすい施設に作り替える必要があったため、市や県、日本財団が約二億...    
<記事全文を読む>