男子の葛西紀明(土屋ホーム)が28日、今季のW杯を終えて帰国し、新千歳空港で取材に応じた。終盤戦で復調した葛西は「(来年の)平昌五輪に向けて良い終わり方、つながり方になった」とすがすがしい表情を見せた。

 葛西は開幕から3月の第23戦まで最高10位と苦しんだ。だが得意のフライングヒルで行われた第24戦からの最後の3試合で、2位、4位、3位と一気に好成績を挙げた。「びっくりした。何かを変えたわけではないけど、気がついたら『あれって』。調子が良い感じになっていた」と笑った。

 45歳で迎える平昌五輪について「オリンピックと言えば、金メダル」と語り、あらためて自身初となる五輪の頂点に意欲を示した...    
<記事全文を読む>