ボウリングの2017年度全日本ナショナルチームメンバー選考会が岐阜グランドボウルで行われ、金沢市の田中椋也選手(21)が男子の日本代表に選ばれた。

 男子の選考会には国内トップクラスの33選手が参加し、18ゲームの実技テストと体力テストで日の丸を着ける11選手が決まった。

 田中選手は金市工高時代に全日本高校選手権、全日本高校対抗選手権でそれぞれ優勝、北電テクノサービスに入社してからも北陸電力の主力として全日本実業団選手権、全日本新人選手権で3位に入る活躍を見せている。

 右投げで、ハイゲームはパーフェクトの300点、3ゲームトータルのハイシリーズは856点。今年の県選手権者決定戦で2連覇し...    
<記事全文を読む>