第12回春の全国中学生ハンドボール選手権大会(春中ハンド)第4日は28日、メイン会場の氷見市ふれあいスポーツセンターなどで男女3回戦と準々決勝を行った。県勢は氷見北部女子が神森(沖縄)に11-8、同男子が松橋(熊本)に27-25でそれぞれ勝ち、準決勝進出を決めた。

 十三女子は原川(大分)に15-28で敗れて準々決勝敗退。呉羽男子は滝ノ水(愛知)に24-25、同女子は望海(兵庫)に15-16でそれぞれ競り負け、3回戦で姿を消した。

 29日は同センターで男女の準決勝、決勝を行う。氷見北部男子は大体大浪商(大阪)、氷見北部女子は住吉第一(同)と準決勝を戦う。北日本新聞社後援。■3年前の雪辱果...    
<記事全文を読む>