劇的な逆転優勝から一夜明け、新横綱稀勢の里が春場所を振り返り、心配される左肩付近のけがの状態など記者の質問に答えた。-優勝から一夜明けて。ようやく終わったな、という感じ。-新横綱として初めてのことばかりの場所だった。忘れられない場所になった。初めての土俵入りなど、今までと全く違うことがたくさんあった。一生の思い出になる大阪場所。-今までと雰囲気は違ったか。毎日たくさんの応援が後押ししてくれて、初日からいい成績でできた。プレッシャーにはならなかった。-左肩付近のけがの状態は。まだ何とも言えない。これから検査があるが、大丈夫だと思う。-痛めたのは相撲の時か、土俵下に落ちた時か。どっちもだと思...    
<記事全文を読む>