膨らむ期待と高揚感を、どう表現したら良いか―。考え抜いた末、数十年来の友人で県文化功労賞や琉球新報活動賞など多数の受賞歴を持つ舞台美術家・画家の新城喜一さん(83)にデザインを依頼し、五輪応援グッズを完成させた。

 「金メダルを意識したゴールデンだるまシーサーも作ったよ」と胸を張る島尻さん。「2020 TOKYO」のメッセージを添えたオリジナルTシャツやステッカーは、昨年12月2日付で商標登録も済ませた。現在は店内限定販売だが、うわさは地元の常連客や老舗の味を求め訪れた観光客などの口コミで県内外に広がり、予想以上の好評を得ている。

 島尻さんは「空手の発祥地でもある沖縄には、今後ますます...    
<記事全文を読む>