サッカー女子のプレナスなでしこリーグは26日、新潟市陸上競技場などで開幕して5試合が行われ、地元の伊賀フットボールくノ一はアルビレックス新潟レディースと0―0で引き分けた。

 伊賀の野田朱美監督は「開幕戦という特別な緊張の中で無失点の勝ち点1を得たことは良かった。内容的にもゴールこそならなかったがしっかりプランを持って崩せていた。今日の集中を忘れずに、チーム一丸となって進んでいく」とコメントした。

 大会は10チームが2回戦総当たりで争い、10月7日まで行われる。3連覇を狙う日テレは田中、阪口の得点でちふれAS埼玉に2―1で逆転勝ちし、白星発進した。

 伊賀の次節は4月2日で、ホームの伊賀市...    
<記事全文を読む>