新入幕の宇良(鳥羽高-関学大出)が7勝7敗で迎えた千秋楽で逸ノ城を破り、勝ち越しを決めた。一度は相手に軍配が上がったものの、物言いで判定が覆り逆転勝ち。地元大阪での新入幕場所を白星で締めくくり「うれしい。声援が力になった」とほっとした表情を浮かべた。

 173センチ128キロの宇良に対し、逸ノ城は193センチ212キロ。体格差のある相手に立ち会いから距離を取ったが徐々に押され、土俵際に追い込まれた。だが、見せ場はここから。押し込んできた相手をいなすように体を回しながらすくい投げ。2人とももつれて倒れたが、物言いの末、逸ノ城の手が先についたと判定され、館内は大歓声に包まれた。

 格上との厳し...    
<記事全文を読む>