中学野球の全日本少年春季軟式野球大会(静岡新聞社・静岡放送後援)は26日、静岡県内4球場で2回戦と準々決勝を行った。本県の伊東南中は2回戦で西彼中(長崎)を1-0で下して8強入りしたが、準々決勝は0-6で星稜中(石川)に敗れた。

 ▽2回戦=静岡県勢分 伊東南中 0010000―1 0000000―0 西彼中(長崎) ▽準々決勝=静岡県勢分 伊東南中 0000000―0 100140×―6 星稜中(石川) ■投手陣手応え 打撃に課題 初出場の伊東南中が2勝を挙げ、静岡県勢2年ぶりの8強入りを果たした。準々決勝は強豪の星稜中(石川)に敗れたが、永田監督は「臆せず戦えた。経験を力に変えていき...    
<記事全文を読む>