アイスホッケーのアジア・リーグは26日、各地でプレーオフ準決勝(5戦3勝先勝方式)の第2戦2試合を行った。初戦黒星スタートとなった、青森県八戸市などを本拠地とする東北フリーブレイズは、レギュラーシーズン1位のアニャンハルラ(韓国)と敵地で対戦。2-6で敗れて2連敗となり、決勝進出へ後がなくなった。

...    
<記事全文を読む>