昨年12月に卓球の世界ジュニア選手権男子シングルスを史上最年少で制した張本智和選手(13)=エリートアカデミー、仙台市出身=の優勝祝勝会と、5月の世界選手権(ドイツ)の壮行会が25日、仙台市内であった。世界選手権に日本代表として出場する張本選手は「一試合でも多く勝ちたい」と活躍を誓った。

 父でコーチの張宇(チョウユ)さん(47)や後援会関係者ら約60人が出席した。世界ジュニアの祝勝会で張本選手は「まさか優勝できるとは思ってなくてビックリした。一点一点をしっかり取っていったことが結果につながった」と振り返った。

 壮行会では「強い選手とたくさん試合がしたい。将来は2020年の東京オリンピッ...    
<記事全文を読む>