アジアリーグアイスホッケーの東北フリーブレイズは25日、韓国・安養でハルラとのプレーオフ(PO)準決勝第1戦に臨み、0―2で敗れた。

 第1ピリオド8分に先制を許すと、第2ピリオドにも1点を失った。攻撃陣は硬さが取れた第2ピリオド以降、敵陣に攻め込む場面もあったが、得点には結び付かなかった。終了間際にはゴールキーパーを下げての総攻撃に出たが、実らなかった。

 若林クリス監督はチームを通じ「無得点では勝利することはできない。チャンスで点が取れるよう、攻撃面の修正をしたい」とコメントした。

 準決勝は5戦3勝方式。第2戦は26日、安養で行われる。

...    
<記事全文を読む>