静岡県立伊東高水泳部の松本周也さん(1年)がこのほど、シンガポールで開かれた水泳の世代別国際大会で金メダル2個、銀メダル1個を獲得した。自己ベストを大幅に更新した種目もあり、「大舞台で結果が出て大きな自信になった」と笑顔を見せた。

 大会は14~19日にあり、松本さんは15~17歳の区分で6種目に出場。200メートルと400メートルの個人メドレーで優勝、100メートル背泳ぎで準優勝に輝いた。得意の200メートル個人メドレーは自己ベストを2秒34上回る2分3秒92を記録し、国内の強豪が集う5月の「ジャパン・オープン」の参加資格を得た。

 大会には、日本水泳連盟が派遣した松本さんら国内ジュニア...    
<記事全文を読む>