大相撲春場所14日目(25日、エディオンアリーナ大阪)の郷土勢は、幕下の大岩戸(鶴岡)が鳰の湖のはたき込みに敗れ、通算成績4勝3敗で今場所を終えた。

 三段目の北勝鶴(鶴岡)は小手投げで阿光を下し、勝ち越しを決めた。序二段の琴大興(東根)は寄り切りで颯天に敗れ負け越しが決まった。高倉山(米沢)は北勝佑を寄り切り勝ち越し。最上錦(大蔵)は小手投げで若山名を下し6勝目を挙げた。ほかは取組がなかった。

...    
<記事全文を読む>