アイスホッケーの全日本女子選手権第2日は24日、札幌市月寒体育館で変則的な予選トーナメント2回戦4試合を行った。Aプールは西武(東京)がダイシン(釧路)に3―0で快勝、1位通過を決めた。Bプールは、2年ぶりの優勝を目指す道路建設ペリグリンがGWS(ゲームウイニングショット)の末、御影グレッズ(帯広)を3―2で下し、1位通過した。25日は準決勝で西武―御影グレッズ、道路建設ペリグリン―ダイシンが対戦する。

...    
<記事全文を読む>