2023年に佐賀県で開催される国体・全国障害者スポーツ大会の「県競技力向上対策本部」(本部長・副島良彦副知事)の第4回本部会議が24日、佐賀市の県スポーツ会館であった。佐賀国体優勝と大会後の競技力維持を目指し、中学と高校を対象にした17年度の「強化拠点校」を承認した。

 強化拠点校は、競技団体の推薦があり、学校側も受諾の意向があることなどを条件に「指定校」と「推進校」を選定。指定校は強化の主軸となる中学と高校で、活動支援の補助金が受けられる。推進校は高校のみで、運動部の新設など特別な場合に限り補助金がある。

 指定校、推進校ともに原則1競技男女2校以内で、17年度は指定校に高校29競技34...    
<記事全文を読む>