カーリングの男子世界選手権は4月1日、カナダ・エドモントンで9日間の日程で開幕する。日本代表のSC軽井沢クラブは5年連続6度目の出場。前回大会4位のSC軽井沢クは、前回と今回の順位に応じた「五輪ポイント」上位7カ国に与えられる平昌五輪出場枠獲得を目指す。

 日本選手権を5連覇したSC軽井沢クは、日本の出場枠獲得を前提に平昌五輪代表に決まっている。今大会で出場枠を獲得すれば、県勢の平昌五輪出場決定第1号。日本男子としては、1998年長野五輪以来20年ぶりの五輪出場が懸かる。

 平昌五輪の出場枠10のうち、7枠を世界選手権で決める。世界選手権は12の国と地域が出場。SC軽井沢クは前回大会、1次...    
<記事全文を読む>