大相撲春場所13日目は24日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、東十両12枚目の朝乃山(23)=富山市呉羽町出身、高砂部屋=は、東十両9枚目の大奄美を寄り切りで破り、3連勝で勝ち越しを決めた。通算成績は8勝5敗。14日目の25日は、西十両10枚目で7勝6敗の青狼と対戦する。

 朝乃山は前日と同様、左上手を引いて得意の右四つの形に持ち込み、力強く寄り切った。新十両での勝ち越しに、「うれしいけど、あと2戦勝って2桁勝利を目指したい」と話した。

 序二段では、東70枚目の常川(南砺市出身、荒汐部屋)が東46枚目の平戸海にはたき込みで勝ち、7戦全勝とした。26日の千秋楽に行われる優勝決定戦で...    
<記事全文を読む>