【名寄】北海道ジュニアカーリング選手権女子の部で名寄協会が連覇を果たした。接戦続きの戦いを勝ち抜き、4年連続で日本選手権(11月・札幌)出場を決めた。サードの佐々木穂香選手(名寄高3年)は「チームには余裕があった。全国では優勝を狙いたい」と昨年の3位を超えるつもりだ。

 大会は道カーリング協会などの主催で16~20日、市内の道立サンピラーパークカーリング場で行われた。

 6チームが出場した女子で、名寄協会は総当たりの予選リーグを4勝1敗の1位で通過した。準決勝を制して迎えた決勝は帯広畜産大と対戦。終盤に追いつくと延長第11エンドでスキップの松沢弥子選手(名寄高2年)が「絶対に決めると信じて...    
<記事全文を読む>